【ひらがなの覚える順番にコツ】ヨコミネ式教育法を活用したおすすめ練習法

子どもに「ひらがな・カタカナ」の読み書きをそろそろ覚えさせたいな・・・

そう考えているあなたにおすすめの練習法があります。

それはヨコミネ式95音と呼ばれる練習法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きを学習する方法です。

ヨコミネ式とはプロゴルファーの横峯さくらさんの伯父である「横峯吉文」氏が発案した教育法で2018年12月9日(日本時間)にカナダのバンクーバーで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルで初出場初優勝を果たした紀平梨花(きひらりか)選手の出身の幼稚園でもこのヨコミネ式の教育法を導入しているということで話題となりましたね。

紀平梨花(きひらりか)選手の出身の幼稚園について知りたい方はこちらの記事を参考にされて下さい!
【ヨコミネ式教育法】スーパー園児を育てる驚きの幼稚園!広田幼稚園とは!

そんなヨコミネ式ですが、ヨコミネ式95音と呼ばれる練習法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習をするとスムーズに覚えることができてとてもおすすめです。

今回はヨコミネ式95音と呼ばれる方法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習するやり方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ヨコミネ式95音の特徴!ひらがなの覚える順番が違う!?


引用:younaa.jugem.jp

まず上の画像をご覧ください!五十音順と違いますよね。これがヨコミネ式95音の特徴です。

「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習する一般的な教材は「あ」から始まっていくのに対して、ヨコミネ式95音では「一」「|」「十」の順番で始まっていきます。

つまり、ひらがな・カタカナ・漢字の覚える順番がバラバラなんですね。

どうしてヨコミネ式95音ではひらがなの覚える順番が違うの?

これにはもちろんちゃんとした理由があります。一般的にひらがな・カタカナの読み書きの練習をする場合、「あ」から始めていきます。

でも実際は子どもは「あ」「い」「う」などのふにゃふにゃした文字が苦手でなかなか読み書きができず覚えることができません。

子どもにとっては「ひらがな」よりも直線の多い「一」や「十」などの漢字や「カタカナ」の方が覚えやすいのです。

ヨコミネ式95音の練習ではこれらに着目し、五十音順で覚えていくのではなく、覚える順番を変えて書きやすい文字から練習していくことで子どものやる気を継続していく狙いがあります。

ヨコミネ式95音でのひらがな・カタカナの練習!いつからがいいの?

このヨコミネ式95音を取り入れた覚える順番を変えてのひらながの読み書きの練習ですが、2歳くらいから始めるのがおすすめなようです。

実際、ヨコミネ式の教育法を導入している幼稚園・保育園では2歳後半頃から、ひらがなの読み書きの練習を始めて、一年後くらいには習得しているそうです。

ヨコミネ式の教育法を導入している幼稚園・保育園の情報が知りたい方はこちらの記事を参考にされてみて下さい!
ヨコミネ式教育法を導入した【東京】の幼稚園・保育園を一覧で紹介!

ヨコミネ式95音を活用したひらがな・カタカナの読み書きの練習の仕方

ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際に上記でもお伝えしたように、覚える順番にこだわる必要はありません。大人はついつい五十音の順番通りに覚えさせたいと思いがちですが、そこはグッと堪えて見守ることが大切です。

ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際、最初は文字をなぞるだけでも大丈夫です。文字もかたちにもこだわる必要もなく、子どもが好きな順番で書かせてあげることがポイントです。

sponsored link

ひらがな・カタカナの読み書きの練習を行う上で子どものやる気を上手く継続させる4つのスイッチ

ヨコミネ式の教育法では子どものやる気を出すための4つのスイッチがあります。この4つのスイッチを入れることで子どものやる気が上手く引き出せるそうです。以下に簡単に解説します。

スイッチ1 子どもは競争をしたがる
スイッチ2 子どもはマネをしたがる
スイッチ3 子どもはちょっとだけ難しいことをやりたがる
スイッチ4 子どもは認められたがる

こうやって見ると、なるほどなと思っちゃいますよね。子どもは常に成長したいと思っており競争をしたがる。そして人のマネをしながら学んでいき、ちょっとだけ難しいことに挑戦したがります。

このちょっとだけというのがミソで難しいことは嫌がり、簡単なことにはすぐ飽きてしまいます。ですので、ちょっとだけ難しいことに挑戦させることがやる気を継続させるコツになります。

そして、子どもには認めてもらいたいという欲求があります。子どもは何かをやって認められたときに達成感を覚え、その次のステップに挑戦します。その積み重ねが子どもの成長を上手く促すのだそうです。

ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際でも同じことが言えます。

通常の五十音で「あ」「い」「う」「え」「お」の順番で覚えるのは子どもにとって難しくすぐに飽きてしまいます。そうならないためにヨコミネ式95音を活用してちょっとだけ難しい「一」「十」などの漢字から読み書きを始め、見た文字を写してマメをしながら書いて覚えていく。そして、できたことに対してちゃんと褒めて認めてあげる。そうすることによって、子どもはやる気を継続させながら「ひらがな・カタカナ」の読み書きを覚えることができるということですね。

まとめ

今回はヨコミネ式95音と呼ばれる方法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習するおすすめのやり方をご紹介しました。

子どもの4つのスイッチを入れて上手にやる気を引き出してあげることで、「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習もスムーズに行うことができそうですね。

「ひらがな・カタカナ・漢字」など覚える順番は特に気にせず、ちょっとだけ難しいことから挑戦させてあげて下さい。

スポンサードリンク
 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれてます