お好み焼きの生地を寝かせる理由は?作り方のコツを教えて!

お好み焼きを作る際、生地を寝かせる方が美味しくできあがると聞いたことがありませんか?

実際やってみると生地を寝かせる方が美味しくなるようですが、せっかくでしたらその理由が知りたいですよね。美味しく生地を作るにはどれくらいの時間を置いた方が良いのか?冷蔵庫で寝かせた方が良いのか?以外と疑問は多いと思います。

今回はお好み焼きの生地を寝かせる理由についてと作り方のコツについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お好み焼きの生地を寝かせる理由は?

結論から言うと、お好み焼きの生地を寝かせると美味しくなります。その理由ですが、お好み焼き生地のメイン素材である小麦粉が関係しています。

一般的にお好み焼きの生地を作るときは小麦粉を使用する家庭が多いと思います。小麦粉に水を加えて混ぜるとグルテンというたんぱく質が形成されます。このグルテンは網目状の構造をしており、生地の骨格となるものです。

そしてグルテンは練ることで生地の弾力を強めることができます。うどんの生地を作る際に麺のコシをだすために寝かせる理由と同じですね。

お好み焼きの生地のメインである小麦粉に水を加えて練ることで生地にコシがでるようになりますが、練ったりのばしたりする中で一時的に固くなり、なかなか伸びなくなってしまいます。

そのために生地を寝かせるのです。生地を寝かせると弾力が弱まり、再び生地を練ることができ、さらにコシが強まります。

またお好み焼きの生地を冷蔵庫で寝かせることで小麦粉が発酵して旨味が増し、生地がふっくら仕上がるそうです。

ですので、お好み焼きの生地を作る際は冷蔵庫でいったん寝かせる方が良いでしょう!時間的には30分~60分程度寝かせるのがおすすめです。

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツを教えて!

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツをいくつかご紹介したいと思います。

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツ1【冷蔵庫で寝かせる】

まず一つ目の作り方のコツは上記でお伝えした生地を作る際にいったん冷蔵庫で寝かせることです。理由は小麦粉が発酵して旨味が増し、またグルテンの効果で粘り・コシがでるからです。

お好み焼きを作る際に時間がある方はちゃんと生地を寝かしてから作ると良いでしょう!いっそう美味しくなりますよ。

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツ2【混ぜる際は空気を入れる】

二つ目の作り方のコツですが、生地を混ぜる際に空気を含ませるような感じで混ぜると生地がふっくら仕上がります。

このとき、お好み焼きの具材として山芋長芋をすりおろして加えるといっそうふっくら感が増しますのでおすすめですよ。

sponsored link

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツ3【水ではなく出汁を加える】

最後の生地の作り方のコツは水ではなく出汁を加えることです。出汁を加えることで当然、お好み焼きの味に深みがでて、美味しく仕上がります。

一般的にはかつおや昆布出汁を使用するのがおすすめですが、簡易的に済ませたい場合はスーパーなどで売っている「めんつゆ」などでも代用できます。

こちらの記事ではお好み焼きを簡単に美味しく作るコツを紹介していますので、良かったら参考にしてみて下さい!
小麦粉で代用!お好み焼き粉の作り方!お好み焼きを簡単にできるコツを紹介
こちらの記事ではお好み焼きの定番の具材から変わり種具材まで紹介していますので良かったら参考にされてみて下さい!
【お好み焼きの具材】子供に人気の定番!具材ランキングと美味しい変わり種を紹介!

まとめ

今回はお好み焼きの生地を寝かせる理由についてと作り方のコツについてご紹介しました。

お好み焼きの生地を冷蔵庫で寝かせる理由は、小麦粉が発酵して旨味が増し、またグルテンの効果で粘り・コシがでるからということでした。

お好み焼きの生地の美味しくなる作り方のコツについてもポイントは三つで、「生地を寝かせる」「生地に空気を含ませながら混ぜる」「生地に出汁を加える」でした。

これ以外にもお好み焼きが美味しくなるためのポイントがたくさんありますが、また次の機会にご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれてます